魔術師ユーリンが召喚した使い魔は獣人・狼一族の末裔でした③

「何かって、何ですか?」
真っ直ぐに森の奥を見つめるレイの真剣な横顔に不安を感じたユーリンは、思わずレイの袖を掴みながら尋ねた。
「おそらく――いや、まだはっきりしないな」
「弟は……大丈夫でしょうか」
レイは袖を掴んでいるユーリンの手を、もう片方の手でそっと包みながら微笑んだ。
「ユーリンの弟はここから近い所に居る。奥に居る者とはかなり離れているから心配ない」
「良かった……」
安堵の溜め息と共に、自分の手が握られている事への恥ずかしさが込み上げてきたユーリンは、慌ててレイの手を振りほどこうとしたが、逆にその手を引かれ抱き締められてしまった。
「な、な、なんで!?」
かろうじてランプを落とさずに済んだ事を自分で誉めつつも、ユーリンは自分の置かれている状況に頭が混乱した。
「震えている――寒いのか?」
「寒くなんかありません!!」
ユーリンは腕を突っ張りレイの胸を押して体を離そうとしたが、レイは腕の力をゆるめる事なく、その中からユーリンを逃がそうとはしなかった。
「では、怖いのか」
「っ!!」
図星を指摘され、ユーリンの頬がさっと朱に染まる。
こんな闇の中で、いつ魔物に襲われてもおかしくない今の状況に、恐怖を感じない人間などいるだろうか。
「それは……怖いです。私は魔術師とは言ってもまだ駆け出しで、魔物から自分の身を守るような魔法も使えないですし」
「大丈夫だ」
「……え?」
レイの言葉が柔らかい声音に変わり、ユーリンはその顔を見上げた。
「召喚された身として、私がユーリンを守ろう。その体には何者も指一本触れさせぬ」
薄い笑みを浮かべるレイの顔を見ながら、ユーリンは魔物のレイを果たして信用してよいものかと悩んだ。
『魔は気まぐれなもの』
そう言ったレイの声が甦る。
だが今、自分には自分自身を守るだけの力も術も無い。
それは痛い程に分かってはいるが、ユーリンは大きく息を吸い込むと、力強い眼差しでレイを見据えた。
「確かに召喚はしましたけど、契約していない魔物の言う事は信じちゃいけないって習いましたし、出来るだけ自分で頑張ります!」
「……自分で?」
レイの薄い唇が弧を描く。
「そ、そりゃ私は獣人のレイから見たら、ひ弱な存在かもしれませんけど」
ふてくされた様に言うユーリンに、レイは静かな声で言った。
「――人間は魔物より強い。特に、ユーリンのように生命力に満ち溢れた人間はな」
「人間が……強い?」
意外な事を言われ、ユーリンは目を丸くした。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*へもへも*

Author:*へもへも*
『狼陛下の花嫁』の二次創作小説がメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お客様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR