FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい夫婦の日

11月22日は『いい夫婦の日』だそうです。



「陛下、お帰りなさいませ」
いつもの様に夕鈴は微笑み、黎翔を出迎えた。
黎翔はそんな夕鈴のにこやかな顔を見つめた後、おもむろに夕鈴を抱き締め、無言で目を丸くする侍女達を下がらせた。
「――背中が寒い」
ポツリと耳元で呟いた黎翔を、夕鈴は驚いた顔で見上げた。
「いかがなさいました?」
「多分、風邪かな」
まるで他人事の様な黎翔の物言いに、夕鈴は声を荒げた。
「何で体調悪いのにいらっしゃるんですか!?」
「可愛い妃を、たかが風邪くらいで放っておけと?」
「と、とにかく早く温かくしてお休みください!」
夕鈴は黎翔を両手で押し退けようとしたが、黎翔は薄く笑んだだけで放す気は無いらしい。
「一緒に休んではくれぬのか?」
「風邪が余計にひどくなったら困ります!」
黎翔はくすりと笑うと夕鈴に回していた腕を解き、代わりに夕鈴の長い髪を指先にくるりと絡め始めた。
「少しくらいの風邪で、今日会えないのは嫌だったし……」
「しょうがないじゃないですか。誰にでも体調が悪い日くらいありますよ?」
指先の夕鈴の髪に唇を付けてから、黎翔は尋ねた。
「世の中では今日が何の日と言われているか、知ってる?『いい夫婦の日』なんだって」
「……てっきり、陛下はそういう事には興味がないと思っていましたけど……よくご存知でしたね」
半ば感心したような口調で夕鈴が言うと、黎翔は軽く溜息を吐いた。
「寝起きに老師が部屋に来てね。今日はいい夫婦の日ですぞ!お妃と共にラブラブな一日を、とか何とか」
「か、勝手な事をっ!大体バイトとラブラブって、一体何を考えているんですかね!?」
「念を押して、李順にも話をつけていた様だよ?早く後宮に帰らせるように言われたって、今日愚痴をこぼしていた」
苦笑しながら言う黎翔に、夕鈴は面白くなさそうな顔を向けた。
「楽しんでません?老師って……もしかして、それで陛下は体調が悪いのに無理していらしたんですか?」
「風邪って言っても、ひき始めくらいだし……それに、僕が夕鈴に会いたいから来たんだよ」
近い距離からじっと見つめられ、夕鈴は一気に顔が熱くなった。
「夜はもう冷えますし、あまりご無理なさらないでください」
「いい夫婦、か――夕鈴は、どんな夫婦がいい夫婦だと思う?」
夕鈴は赤い頬を袖で隠しながら、しばし考えた。
「うーん……そうですねぇ……私はもうあまり覚えていませんが、二人で一緒にいる時の両親はとても楽しそうで幸せそうで……あんな感じが、いい夫婦なのかなぁ」
「あぁ、成る程ね。じゃあ僕達も、いい夫婦になれてるかな?」
「な、何で!?」
思わぬ一言に夕鈴は驚き尋ねたが、黎翔は赤く染まった夕鈴の頬を撫で静かに答えた。
「出会ってから、僕はずっと楽しいし幸せだからだよ。夕鈴は違う?僕といて楽しくない?」
「い、いえ、そんな事は……陛下と一緒だと楽しい、ですよ?」
黎翔は両手で夕鈴の頬を包み、自分へ向かせると妖艶な笑みを浮かべた。
「良かった。僕だけが楽しいんじゃなくて――そして、夕鈴が僕のお嫁さんで良かった」
「……たとえバイトでも?」
小さな声で問い掛ける夕鈴に、黎翔は一段と笑みを深めた。
「勿論。夕鈴は僕のお嫁さんでしょ?二人とも楽しくて幸せだから『いい夫婦』じゃないかな?」
「何だか上手く言いくるめられてる気もしますが……」
夕鈴はクスッと笑うと、自分の頬を包んでいる黎翔の手に自分の手を重ねた。
「頑張ってお仕事されている『いい夫』の陛下に、今から体の温まる薬湯でもお淹れしますから、座ってお待ちくださいませ」
「――せっかく風邪から話題を逸らしたのに」
「苦くない薬湯ですから、それを飲んだら今日は早くお休みください」
黎翔の腕から逃れ、クスクス笑いながら薬湯の準備を始める夕鈴の後ろ姿を見ながら、黎翔は微笑み長椅子に腰を下ろした。
「一緒に寝てくれたらすぐに治るよ」
「……よろしければ苦い薬湯もお作りしましょうか?」
お妃スマイルでにっこりと笑いながら、薬湯の入った茶杯を手渡す夕鈴に黎翔は完敗だな、と苦笑した。



…実はしりとり⑫です。
SNS初出2014年11月23日
スポンサーサイト

秋深し

久々の残念黎翔さんシリーズです(笑)



会社からの帰り道、僕はコンビニで、いつもは買わないデザートを買った。
今日は夕鈴が泊まりに来ると約束した金曜日。
いつもは重い帰宅時の足取りも、夕鈴が待っていると思うだけで軽く感じるから不思議だ。

ところが玄関のドアを開けて、そこに待っていたのは静寂と闇。
「――夕鈴?」
呼び掛けながら部屋へ入り、明かりを点けてみたがやはり夕鈴の姿は無い。
そう言えば、と携帯を取り出しメールチェックをしてみる。
週末に出勤をしなくても良いようにと、今日中に終わらせる為に詰め込んだ仕事を消化するのが忙しくて、僕個人の携帯を午後は全く見ていなかった。
「あ……」
やっぱり届いていた、夕鈴からのメールを見付けて開く。
そこには、弟が熱を出し病院に連れて行く事、心配なのと看病の為に今日は泊まりに行けないという事が書かれていた。
「そっか……」
一気に疲れが押し寄せた気がした僕は、力無くデザートを冷蔵庫に入れ鞄を床に置いた後、ソファーに崩れ落ちるように座った。
ネクタイを緩め、シャワーの前に少し休もうとソファーに横になったが、耳に痛い程の静寂が嫌になってテレビをつけた。
途端に部屋の中に笑い声が響く。
中身の無い会話、意味の無いギャグに内輪受けだけのネタ……
ぼんやり眺めつつ、酔っ払いの会話と似たようなものだなと苦笑する。
どうせ同じ笑い声なら、夕鈴の明るい笑い声が部屋に満ちて欲しい。
そんな風に思った時、夕鈴にメールを返信していない事に気付いた。
取り敢えず、また次に会える機会を楽しみにしている、弟くんをお大事にとメールして、携帯をテーブルに置いた。
腕時計を見て、夜の1時頃にメールするのも非常識だったかと後から思ったが、返信が無いよりは良いかと思い直す事にした。
夕鈴がいないなら、気になっていた月曜の打ち合わせの資料を今夜中に練り直すかと、相変わらず賑やかなテレビの音を耳にしながら、一先ず疲れた目を休める為にまぶたを閉じた。


「……ょうさんっ!黎翔さん!」
誰かが僕の肩を揺すっている。
そちらを見ると、声の主は心配そうな夕鈴だった。
「――あれ?」
「あれ?じゃないですよ!こんな所で寝てたら風邪ひきますよ!」
「今夜は来られないって……」
僕が不思議に思い問う様に言うと、夕鈴はきょとんとした顔で僕を見た。
「寝ボケてます?もうお昼。今日は土曜日ですよ」
「――え?」
腕時計を見ると、確かにもう12時近い。
一瞬、目を閉じただけだと思っていたのに、僕はどうやら半日近く寝ていたらしい。
「――あ、弟くんは?」
「風邪のひき始めだったらしくて、昨日のうちに熱も下がりました。今日は食欲もあるし元気そうでしたけど、週末は一応家でゆっくりするそうです」
「そうか……良かったね」
僕の言葉に笑顔で頷いた夕鈴は、その後すぐに頬を膨らませた。
「黎翔さんもスーツ着たままでソファーでうたた寝なんて、風邪ひいちゃいますからね!?」
「ん?あぁ、そうだね」
改めて自分の体を見て、着替えもしていなかったなと反省する。
「夕鈴、手を貸して」
夕鈴に手を差し伸べながら言うと、夕鈴は素直に手を重ねてくれた。
「もしかして、起き上がれないんですか?」
くすくす笑う夕鈴の手を引き、バランスを崩したところで腰をさらった。
「きゃっ」
どさりと僕の体の上に横たわった夕鈴は、ソファーの背もたれに手を突き体を起こそうとする。
その背に腕を回し、ぎゅっと抱き締めると夕鈴の顔がたちまち赤くなった。
「黎翔さんっ!お、重いでしょ!?退きますからっ」
「ダメ。んー……夕鈴は温かいなぁ」
「私はお布団じゃありませんっ」
僕の腕から逃れようと暴れる夕鈴をしっかりと抱き直し、足を絡める。
「ちょ、ちょっと待って!黎翔さん足!!」
「――イヤ?」
「嫌とかじゃなくて、放してくださいっ」
「可愛いなぁ」
ジタバタしている夕鈴の額にチュッとキスをしたら、これ以上ないくらい真っ赤な顔でにらんできた。
「スーツも余計にシワになっちゃいますよ!?」
「クリーニングに出すから大丈夫だよ」
「もうっ……あ、黎翔さんお腹空いていませんか?何か食べたい物あります?」
「――夕鈴が食べたいな」
赤面したままで言葉に詰まった夕鈴の首筋に、先ほど額にしたのと同じように軽く唇をつけた。
それだけで瞳をうるませる夕鈴を見ていると、自分の理性がぐらりと音を立てて揺らぐ。
僕は自分を落ち着かせる為に一つ深呼吸をしてから、夕鈴の背中をぽんぽんと軽く叩いた。
「――何か食べに行こうか?」
「はい!」
元気良く返事をした夕鈴を体から降ろすと、何となく物足りないような、寒さが身に染みるような寂しい気分になった。
「やっぱり夕鈴より温かい物なんて無いんだな――ずっと乗っていてほしいくらいだよ」
「私は上着でもありませんっ」
ぷいっと横を向いた夕鈴が、何かを思い付いたように僕を見た。
「もし……もし私が上着だったら、寒い時しか一緒にいられないですよ?」
「え?」
「暖かくなったら、脱いで忘れちゃいます?」
ちょっと眉根を寄せて苦笑する夕鈴に、僕は慌てて答える。
「忘れたりなんかしないよ!夕鈴は僕にとって無くてはならない最後の一枚、そう、パンツみたいな存在なんだ!」
「――え?」
「――あ」
しまった、言葉を間違えたと気付いた時には、夕鈴は既に眉間にシワを寄せた厳しい顔になっていた。
「――黎翔さん」
「はい……」
夕鈴の低い声に、僕はついソファーの上で正座してしまった。
「仮にも女性に向かって、パ、パンツとは何ですか!?」
「――パンツは大事だよ?夕鈴だって毎日穿くでしょ?」
「そんな事を言ってる訳じゃありませんっ!!」
だよねーと思いつつ、僕は何とか夕鈴の怒りが収まらないものかと考える。
「あ、冷蔵庫に買ってきたデザートが入ってるよ」
「え?……って、誤魔化されませんからねっ」
「誤魔化す気は無いけど、出掛ける前にシャワー浴びたいから、それ食べて待っててくれる?」
夕鈴はしばらくジト目で僕を見ていたけれど、分かりましたとキッチンへ向かった。
冷蔵庫からデザートを持ってきた夕鈴は、どこかうきうきして見えた。
「じゃ、シャワー浴びてくるから」
安心した僕はそそくさと浴室へ行き、シャワーを浴びた。
そして浴室を出た時、はたと気付いた。
――着替えを用意しなかった。
またスーツを着るのは嫌だし、かと言って全裸で夕鈴の前に出る訳にもいかないだろう。
仕方ないかと僕はタオルを腰に巻いて、脱衣所を出た。
「きゃーっ!黎翔さんっ何て格好してるんですか!」
案の定、夕鈴は湯上がりの僕よりも真っ赤な顔で悲鳴を上げた。
「ごめんね。着替えの用意を忘れてて……やっぱりパンツは大切だよね」
「もうパンツの話しはいいですからっ!」
「うん――怒った顔も可愛いよ」
「そんな事はパンツ穿いてから言ってください!」
僕に背中を向けて怒る夕鈴の後ろ姿を見ながら、やっぱり夕鈴がいるだけで心まで温かいなと僕は笑った。
――例えタオル一枚の姿でも。



SNS初出2014年11月8日

晩秋

お話をUPするのも久しぶりです。

意外な事に、動きのない時でもご訪問くださる方がいらっしゃいます。
本当にありがたい事です。
書く力をくださる皆様、いつもありがとうございます。







椅子に座り窓から外を眺めつつ、夕鈴は自分でも意識せずに溜息を一つ吐いた。
後宮の丸い窓を通して見える景色といえば、紅葉の見頃を過ぎた木々達から落ちる枯れ葉と、その枯れ葉をあちらこちらへと気ままに運ぶ冷たそうな風だけ。

「――我が妃は憂いている姿も愛らしいな」
「陛下!?」
思いがけない呼び掛けに振り向いた夕鈴は、不思議そうに黎翔に尋ねた。
「まだご政務の途中では?」
「あぁ、少し休憩だ」
「ではお茶をお淹れしますね」
にこりと笑い、すぐにぱたぱたとお茶の準備を始める夕鈴の後ろ姿を見ながら、黎翔は長椅子に腰を降ろし侍女達を下がらせた。
頬杖をつき、夕鈴の長い髪が揺れる様を眺めていると、狸達のせいで話し合いがこじれ、休憩を入れざるをえなかった事も良かった事のように思えてくる。

「――どうぞ」
湯気の立つ茶杯を手にし一口お茶を飲んだ黎翔は、ほっと小さく息を吐いた。
「心まで温まるようなお茶だね」
「やっぱり風が冷たいですよね。回廊をお渡りになる時に体が冷えたのでは?」
心配そうに気遣う夕鈴の言葉に、黎翔から笑みが漏れる。
「いや……うん、そうかもしれないね」
「お茶のお代わりをどうぞ。あ、それと何か掛ける物をお持ちしますね」
黎翔の茶杯にお茶を注いだ夕鈴が立ち上がると、黎翔は夕鈴を引き寄せ自分の膝に座らせた。
「っ!?陛下?あの、何かお持ちしますから」
「んー……夕鈴がいい」
後ろからぎゅうっと抱き締められ、夕鈴の頬がかあっと赤くなる。
「さ、寒いと人恋しくなるって言いますけど、私よりも何か掛けた方が温かいと思いますよ?」
落ち着かない気持ちを紛らわせるように、夕鈴はわたわたと早口で言った。
「――夕鈴、恋しい人がいるの?」
「へ!?」
何でそうなるのかと黎翔を見上げた時、夕鈴は自分を真っ直ぐに見つめる黎翔の瞳から目を逸らせなくなった。
「あ、あの、恋しいと言うか……今日は青慎の事を思い出していたんです」
「弟くん?」
夕鈴からの意外な言葉に、黎翔はいささか驚いたように聞き返した。
「はい、今日は冷たい風が吹いていて……こんな日はよく、青慎をぎゅーってしてたなぁって」
ふふっと笑う夕鈴を横向きに抱き直し、黎翔は夕鈴の髪を指に絡めた。
「本当に仲良いんだね」
「だって隙間風って、すごく冷えるんですよ?くっついていないと寒くて」
「――うん」
黎翔は絡ませている夕鈴の髪に口付け、指先からするりと滑らせた。
「――そうだろうね」
どこか寂しそうな黎翔の笑みに、もしかしてそんな経験が無いのかしら、と夕鈴は思った。
「陛下は……」
「うん?」
「陛下は寒い時に、誰かと温めあったりはしませんでした?」
首を傾げながら問う夕鈴に、黎翔は一瞬目を丸くした後、どこか遠くを見ながら言った。
「うん――寒かったら羽織る物を増やしていた、かな」
「……そうですよね。国王陛下に軽々しく抱き付いたりする人なんていませんよね」
苦笑する夕鈴の体を、自分の袖で包むように抱き締めた黎翔は、夕鈴の耳元で静かに囁いた。
「君だけが――夕鈴だけが、僕に温もりをくれるんだ」
「……陛下?」
「どれだけ温かな物を着たとしても、夕鈴のように心まで温めてくれはしない」
そう言いながら、夕鈴を胸に優しく抱き寄せた黎翔は、その頭の上にそっと自分の額を寄せた。
「ずっとこうして抱いていたいくらいだよ」
「だっ、駄目ですよっ」
両手で黎翔の胸を押し返し、夕鈴は真っ赤な顔で反論した。
「先ほど、少し休憩だと仰っていましたよね?」
「――うん」
「もう皆様お待ちになられているのでは!?特に、李順さんがっ」
眉間にシワを寄せた側近の姿が容易に想像できた黎翔は、くすりと笑うと夕鈴を膝から降ろした。
「我が妃は私より働き者だな――では行くとするか」

黎翔が夕鈴の部屋から出ると、夕鈴の侍女達が深く頭を下げ控えていた。
黎翔はそちらをちらりと見た後、夕鈴を抱き締め囁く。
「妃よ、今日は一段と寒くなりそうだ。また今宵も私を温めてくれぬか?」
「なっ!?」
「あぁ、愚問であったか――夜が待ち遠しいな」
にやりと笑い満足そうに妃の額に口付ける国王と、耳まで赤く染まった初々しいお妃様の姿に、侍女達からも思わず笑みがこぼれた天高いある秋の日のお話。



SNS初出2014年11月4日
プロフィール

*へもへも*

Author:*へもへも*
『狼陛下の花嫁』の二次創作小説がメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お客様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。