FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルームメイト・4

「黎翔さん、これとかどうですか?」
夕鈴はデパートの食器売り場で、縁に金と紺で模様の入った皿を手にして黎翔を振り返った。
「うーん……そういう感じのは見飽きたかな」
「……どこでそんなに見たんですか?」
黎翔のマンションにあった食器といえば、大きさも色も模様もまちまちな皿が数枚あっただけだ。
率直な疑問をぶつけた夕鈴に、黎翔は苦笑した。
「実家でね、こんな感じのを時々使っていたから」
「そうなんですか……」
もしかして黎翔さん家ってお金持ちなのかしら、と皿の値札を見ながら夕鈴は思った。
「――こっちが良いかな」
黎翔が手にしたのは、白地に小花や葉の模様があしらわれた、どちらかと言うとシンプルな皿だった。
「……ちょっと意外です。可愛い柄がお好きなんですか?」
「ん?いや……」
黎翔が何かを言い掛けた時、店員が明るい声で話し掛けてきた。
「いらっしゃいませ。どういった物をお探しですか?」
「このシリーズを一揃い欲しいんだけど、送ってもらえるかな」
店員は一瞬目を丸くしたものの、すぐに笑顔で答えた。
「はい、こちらのペアセットですね」
「ペア!?」
夕鈴が慌てて値札を見ると、確かにペアセットと書いてある。
「あの、一人分だけ買えないですか?」
店員は夕鈴の申し出に、意外そうな顔をした。
「申し訳ありませんが、こちらはセット販売ですので……それに、お二人でお使いになられるのでは?」
「いえ、」
「ペアで。カードで良いかな?」
夕鈴の言葉を遮り、黎翔は店員に笑いかけた。
「はい、ではこちらへお願いします」
行く手を促す店員の後に従って歩き出した時、黎翔は夕鈴に袖を軽く引かれた。
「れ、黎翔さん、ペアって……どうするんですか?」
「んー、夕鈴も使ってくれる?ペアしか無いなら仕方ないよね」
黎翔に苦笑しながらそう言われ、夕鈴は値札を振り返り、良いのかしらと思い悩んだ。

歩き回って疲れた二人は、デパートの中の喫茶店に入り休憩する事にした。
「黎翔さん、さっきの食器ですけど」
注文を済ませた後で、夕鈴は話を切り出した。
「ペアじゃない物を選べば良かったんじゃないですか?すぐに決めちゃいましたけど、もっと色々見たら他に気に入る物があったかも……」
「うん、でもあれで良いんだ」
店員がテーブルの上に珈琲と、紅茶のセットを置いて行き黎翔は珈琲を一口飲んだ。
夕鈴はティーポットからカップに紅茶を注ぎながら、眉間にシワを寄せた。
「そんなに気に入ったのなら仕方ないですけど、ペアだと倍のお値段ですよ?やっぱり勿体ない気がします」
「その値段の分だけ使えば良いよ」
そう言って珈琲を飲む黎翔は、やはり値段の事など気にしていないようだ。
「夕鈴は、あのマンションで困った事はない?他にも必要な物があれば、ついでに買って行こうか」
笑みながら言う黎翔に、夕鈴は少し考えてから答えた。
「……特に無いと思いますけど」
カップにミルクを注ぐ夕鈴の指先を見ながら、黎翔が尋ねた。
「そう言えば、夕鈴は洗濯機使ってる?」
「え?」
「いや、使った形跡が無いから――もしかして他人が使ったのは嫌?」
その言葉に、夕鈴は慌てて首を振った。
「そんな事ないです!使えるなら使わせていただきたいですけど、その……あれ、何語ですか?」
頬を染めながら尋ね返す夕鈴に、黎翔は目を丸くして、あ……と呟いた。
「ドイツ語だよ。そうか、気にしてなかったな」
考え込む素振りを見せる黎翔に、夕鈴はさらに尋ねた。
「ドイツ語?ドイツ製なんですか?」
「あぁ、うん。あのマンションを買う時にモデルルームを見に行ってね。その部屋にあった家電もついでに同じ物を買ったんだ。確か日本向けに作られた物は納期がすごく先になると聞いて、ドイツ国内向けの製品をそのまま入れてもらったんだよ」
黎翔の話を聞いていた夕鈴に、いくつかの疑問が湧いてきた。
「……ドイツ国内向けって、電圧?とか、そういうの大丈夫なんですか?」
「勿論合わないから、そこは直してもらったよ。周波数も違うからね」
「……はぁ。あの、日本製を買った方が早いし安かったのでは?」
首を傾げる夕鈴に、黎翔は手にしていたカップを置いてから、ただ一言
「選ぶのが面倒だったからね」
と答えた。
夕鈴は軽くめまいを覚えつつも、さらに尋ねる。
「それに、あのマンションって買ったんですか?てっきり賃貸かと」
「賃貸だと更新手続きとか色々面倒だから」
――何なのこの人!?
夕鈴は半ば呆れつつも、もう一つ疑問を口にした。
「黎翔さんのお家って、お金持ちなんですか?」
「――何故?あ、マンションを買ったのは自分の金だよ」
「自分って……黎翔さん、まだ学生ですよね?」
不思議そうな顔の夕鈴に、黎翔はクスリと笑った。
「まぁ、稼ぐ方法は色々とあるからね……もし僕の実家が金持ちだったら、夕鈴お嫁に来たい?」
「はぁ?」
からかう様な口調の黎翔に、夕鈴は顔を真っ赤にして声を荒げた。
「なに馬鹿な事を言ってるんですか!?結婚て、お金持ちかどうかで決める事じゃないでしょう!?それに、私はただの同居人です!」
つんっとそっぽを向いた夕鈴の横顔を、黎翔は呆気にとられた様に眺めていたが、やがて微笑むと小さく呟いた。
「夕鈴って……真っ直ぐだね」
「――は?」
「ううん、同居人として、信用できる人間だなと思って」
クスクス笑う黎翔を見ながら、夕鈴は自分が誉められているのか、からかわれているのか分からずに複雑な顔をした。
「それで、夕鈴は今まで洗濯どうしてたの?」
「近くのコインランドリーに行ってました」
紅茶を飲む夕鈴を見ながら、黎翔が軽く眉根を寄せた。
「コインランドリーか……帰ったら使い方を教えるから、良かったら家のを使ってよ」
「助かりますけど、良いんですか?」
遠慮がちに尋ねる夕鈴に、黎翔は悠然と笑った。
「勿論。あまり使わないと機械にも良くないからね。洗濯乾燥機だから、夜に入れておけば朝には乾いているよ」
「乾燥機……干した方が好きなんですけど、お洗濯だけって出来ます?」
恥ずかしそうに尋ねる夕鈴に、黎翔は目を細め答える。
「出来るよ。でも使いにくい様なら、新しい洗濯機を買っても良いけど?」
「だ、駄目ですよ!あれまだ新しいですよね!?」
「うーん……二年くらい?」
考えながら答える黎翔に、夕鈴は確信した。
――この人、金銭感覚がおかしい……!!
一体今までどうやって生きてきたのかと、夕鈴は呆れ顔で黎翔をまじまじと見つめた。
「――何?」
「いえ、黎翔さんって、ちょっと……その、変わってるなって」
「そう?」
夕鈴の台詞を軽く受け流し、黎翔はカップを傾けた。
「さて、食器は買ったし――この後どうしようか?」
「食器と言ってもお皿だけですから……お茶碗やお椀、お箸もありませんよね?」
「――そうか」
虚を衝かれたように一瞬動きを止めた黎翔は、溜息を吐いて天井を見上げた。
「今まで弁当とか外食ばかりだったからなぁ」
そして夕鈴と視線を合わせると、にっこりと笑った。
「何だか新生活を始める新婚さんみたいだね」
「っ!またそうやってすぐに、からかわないでください!」
頬を染め抗議する夕鈴を、黎翔は楽しそうに眺めていた。



SNS初出2015年3月30日
スポンサーサイト

ルームメイト・3

「あ、おはようございます」
「おはよう。早起きだね」
リビングへ入った夕鈴は、いつもは目にする事のないソファーに座る黎翔の姿に驚いてしまった。
と同時に、まだ洗ってもいない顔を見られた事に動揺し、パタパタと洗面所へ急いだ。
――びっくりしたぁ…そう言えば昨日は帰って来てたのよね…
ドキドキと高鳴る胸を押さえた夕鈴は、赤く火照った頬を冷ますように冷たい水で顔を洗った。

「夕鈴の今日の予定は?」
リビングに戻った夕鈴に、黎翔は待っていたように声をかけた。
「え、今日は…別に…」
今日が土曜日だった事を思い出しながら、夕鈴は答えた。
「じゃあせっかくの休みに悪いんだけど、僕の買い物に付き合ってもらえるかな?」
「食器とかですよね?良いですよ――あ、朝食召し上がります?」
「――いや…」
いつも食べないから、と言いかけた黎翔は、首を傾げる夕鈴に笑みを向けた。
「外に食べに行こうか。今日は一日振り回す事になると思うから、そのお詫びにおごるよ」
「え!?そんな、いいですよっ」
「年長者の言う事は聞くものだよ。さ、準備して」
微笑みながらもどこか有無を言わせぬ口調で促す黎翔に
「自分の分は自分で払いますからねっ」
と言いながら夕鈴は、背中に黎翔のクスクス笑う声を受けつつ自分の部屋へと入っていった。


黎翔が、ここで良い?と夕鈴に聞いたのは、マンションからさほど離れていないコーヒーショップだった。
「――もしかして朝はご飯派?」
入口でためらいを見せた夕鈴に、黎翔は尋ねた。
「あ、いいえ。ご飯でもパンでも大丈夫ですけど、珈琲以外の飲み物ってあります?」
「ある――と思ったけど…珈琲嫌い?」
「嫌いと言うか…苦手なだけです」
苦笑する夕鈴の背中に手を添えた黎翔は、自動ドアを開けながら、どうぞと中へ促した。

「結局おごって頂いてすみません」
トレーを運んで来た黎翔に、夕鈴は申し訳なさそうに言った。
黎翔は笑みを浮かべながら
「僕の都合に付き合わせてるんだから当たり前だよ。気にしないで」
とテーブルにトレーを置き、自分も夕鈴と向かい合わせに椅子に座った。
「ありがとうございます。頂きますね」
夕鈴はそう言うと、小さめのバケットに野菜やハムやチーズがはさんであるサンドイッチを、にこにこしながら食べ始めた。
「美味しそうに食べるね」
黎翔の言葉に、夕鈴の頬がかあっと赤く染まった。
「こ、子供っぽいってよく言われます」
「僕は可愛いと思うけど…誰に言われるの?家族?」
黎翔が珈琲を飲みながら尋ねると、急に夕鈴の眉間にシワが寄った。
「いえ…幼なじみです。いつも『ガキ』って言われるんです」
「幼なじみ、か……ねぇ夕鈴、これ一つ交換しない?」
黎翔は自分の皿に乗っている、スモークサーモンとクリームチーズ入りのサンドイッチを指差した。
「あ、はいどうぞ」
夕鈴は切り分けられている自分のサンドイッチの、真ん中の部分を黎翔の皿に乗せた。
自然とこういう事が出来る子なんだな、と笑みながら黎翔も真ん中を夕鈴の皿に乗せ、言った。
「くれるのは端でも良かったのに」
「だって、真ん中が一番美味しいじゃないですか?」
そう言ってココアを飲む夕鈴を、黎翔は目を細め眺めていた。


「――それで、食器ってどこに売ってるのかな?」
店を出て、歩きながら黎翔が尋ねた。
「え…と、種類にもよりますけど……安いのなら100均とかスーパーでも売ってますし、良い物ならデパートとか…?」
「そうだなぁ…ついでに色々見たいし、デパートが良いかな。タクシー拾う?」
「…バスで行けますよ?」
もしかして黎翔さんって、ちょっと世間知らずなのかしらと思いながら、夕鈴は近くのバス停の路線図を見た。
「これ駅まで行くバスですから、駅前のデパートに行けますよ。すぐ来ますし」
「へぇ、じゃバスで行こうか。よく知ってるね」
「…バスに乗った事、まさかありますよね?」
感心した様に言う黎翔の口調が気になった夕鈴は、おそるおそる尋ねてみた。
「ん?何回かあるよ」
――この人一体今までどんな生活してきたのかしら…
考えてみると、一緒に暮らしている相手について何も知らない事実に気付いた夕鈴は、相手を理解する為には情報も必要よね、と思い付いた。
そう考えると今日は色々と聞くチャンスかもしれないと、夕鈴は隣に立つ黎翔の顔を見上げた。
「――何?」
「えっと、黎翔さんの好きな食べ物とか教えてほしいなって」
夕鈴が本当に聞きたかったのは黎翔の家族や実家についてだったが、まだ数度しか会っていないのに流石にそれは不躾かと当たり障りのない質問に変えた。
「んー…好き嫌いは特にないかな」
「じゃあ、好きな芸能人とかは?」
「最近テレビもあまり見てなくてね。詳しくないんだ」
苦笑しながら言う黎翔に夕鈴は、そうですか、と呟いた。
「今日は色々聞いてくるね。何かあった?」
黎翔からまっすぐな視線を向けられた夕鈴は、心の中を見透かされたような気分になり、心臓がドキンと跳ねるのを感じた。
「いえ、その、何となく」
「――僕の事を知りたいの?」
「そ、それはやっぱり同居人としては、どんな人か気になりますから」
そっか、と呟いた黎翔は夕鈴の髪を一房、指先でくるりと巻いて耳元で囁いた。
「僕がどんな人間か、徐々に知ってくれれば良いよ……先は長いからね」
「――え?それってどういう…」
夕鈴が聞き返そうとした時、バス停に一台のバスが滑り込んで来た。
ブザー音と共にドアが開き、黎翔は夕鈴の手をとり先に乗るように促す。
するりと黎翔の指先から解けた髪を眺めながら、夕鈴はバスに乗り込んだ。
続いて黎翔も乗り込み夕鈴の隣に立つと、物言いたげに自分を見上げる夕鈴ににっこりと笑顔を向けた。
――何だか今日一日ものすごく疲れそう…
そんな嫌な予感を振り払うように、夕鈴は目をつむり頭を軽く振った。



SNS初出2013年11月3日

続・ルームメイト

同居が始まって一週間ほどが過ぎ、夕鈴もようやくこのマンションでの生活に慣れてきた。
黎翔自身が言っていた通り、この一週間で黎翔が帰って来たのは一回だけ。
しかも夜、夕鈴が寝てから戻って来て朝は夕鈴が起きる前に出て行ってしまう。
同居とは言っても一人暮らしのようなものね、と夕鈴は安心した様などこか寂しい様な複雑な気持ちだった。
ところが次の日、夕鈴がバイトを終えマンションに戻ると、リビングに黎翔の姿があった。
テレビを観ていた黎翔は夕鈴に気付くと振り返り
「お帰り」
と微笑んだ。
「あ…ただいま帰りました。黎翔さん何だか久しぶりですね」
「うん、やっと一区切りついたからね」
「え…と、珈琲でも淹れましょうか?」
パタパタとキッチンへ向かう夕鈴に、黎翔は少し驚いた顔をした。
「同居してるとはいえ、僕の世話を焼く必要はないよ」
「あ、ついでですから」
やがて夕鈴は黎翔の珈琲と、自分用のミルクティーを運んで来た。
「――同じ物で良かったのに…手間でしょ?」
「そんな事ないですよ」
にっこり笑う夕鈴に、黎翔は薄く笑みを返し珈琲を飲み始めた。

夕鈴が家事を得意としているのは、黎翔も気付いていた。
久しぶりに帰った自分の家に入った黎翔は、その変化に目を瞠った。
夕鈴が来る前よりもはるかに綺麗になった室内、ソファーに置かれたクッションはふかふかになり日向の匂いがする。
テーブルの上に飾られた控えめな花や、キッチンに置かれた様々な調理器具は夕鈴が来る前には無かった物だ。
――ルームメイトを募集して良かったな
勿論それは申し込んできたのが夕鈴で良かった、という意味なのは黎翔自身にも分かっていた。

「あ、そうだ。黎翔さんお夕飯はもう食べました?」
「いや――実は帰って来てから今まで、ソファーでうたたねをしていたから」
苦笑する黎翔に、夕鈴は明るい声で言った。
「私もまだなんです。簡単な物で良ければ、二人分作りますよ」
「さっきも言ったけど、僕の世話を焼く必要はないからね?」
夕鈴はクスッと笑うと
「一人分も二人分も変わりませんから。あ、でも本当に簡単な物ですからね?」
と念を押してキッチンへと入って行った。
その後ろ姿を見ながら黎翔は、いい子なんだなぁと口角を上げ軽く溜息を吐いた。

「お待たせしました」
夕鈴が目の前に置いてくれた皿を見て、黎翔は意外そうな声を出した。
「…オムライス?」
「あ…もしかして苦手でした?」
「いや、好き嫌いはないから」
良かった、と言いながらスープとサラダを並べる夕鈴の手際の良さに、驚かされてばかりだな、と黎翔から苦笑がもれた。
「召し上がって下さい」
「…いただきます」
そんな挨拶もいつぶりだろうかと、ふと黎翔は思った。
「――美味しいな」
意識せずに口をついて出た黎翔の素直な感想に、夕鈴は嬉しそうに微笑んだ。
「お口に合って良かったです」
全てを綺麗に食べ終えてから、黎翔は夕鈴に相談を持ちかけた。
「ねぇ、夕鈴。相談があるんだけど」
「何ですか?」
夕鈴はお茶を淹れると黎翔の前に置いた。
「一人分も二人分も変わらないと言っていたけど、だったら僕が帰る日には僕の分も夕食を作ってもらえないかな?」
「え?」
「食費はもちろん払うよ。帰る日は夕方までに連絡を入れる――ダメかな?」
夕鈴は引っ越して来た日の事を思い出していた。
冷蔵庫の中にあったのは調味料とミネラルウォーターだけ。
キッチンの隅に置かれたゴミ袋の中にはコンビニ弁当の空き容器。
「…いいですよ。簡単な物しか作れませんけど」
コンビニ弁当よりは手作りの食事の方が体に良いだろうと、夕鈴は快く承諾した。
「ありがとう。僕の分はキッチンのテーブルの上に置いてくれれば良いから」
「あ、でも一つ問題が…黎翔さんって食器ほとんど持ってないですよね」
言われて初めて気付いたように、黎翔は夕鈴の顔を見た。
「そうか――次の休みに買ってくるから。どんな物が必要か、紙に書いてもらえるかな」
「あの、だったら一緒に行きます。書き出すよりその方が早いです」
黎翔は一瞬目を瞠ったものの、すぐに笑みを浮かべ言った。
「どうせなら、二人でお揃いの食器を揃えようか?」
「なっ!!そんな恥ずかしい事、嫌ですっ」
ぷいっと横を向いた夕鈴の赤く染まった頬を見て、黎翔はクスクス笑った。
「新婚さんみたいだね」
「違いますっ同居人です!!」
これからは家に帰るのが楽しみになったな、と黎翔は一層笑みを深めた。



SNS初出2013年10月19日

ルームメイト

診断メーカーというもので遊んでみた結果がこちら↓
『あなたは1時間以内に5RTされたら、大学生で一緒に暮らしてる設定で付き合っていないけど甘々な雰囲気の黎翔と夕鈴の、漫画または小説を書きます。』

という訳で←
※年齢操作有
黎翔22歳・夕鈴18歳設定



「なかなか希望通りってのは難しいわね」
夕鈴は大学構内の掲示板の前で溜息を吐いた。
この春から新一年生として大学に入学した夕鈴は、ほぼ今の生活に満足していた。
不満があるとしたら、通学時間だ。
元来、早起きが苦手ではない彼女に遅刻の心配などないが、時間が勿体ないと夕鈴は常日頃から思っていた。
近くに住む場所を借りようかと思ったものの、大学に近い場所は家賃も高くとても手が出せない。
出来るなら定期代よりも安く近場に住みたい、そんな夕鈴と同じ境遇の者達が掲示板に貼りだした『ルームメイト求む』のチラシを、夕鈴は毎日のように見ていた。
「あ…これいいかも」
夕鈴の目に留まったのは、大学へ歩ける距離にあるマンションの住人が書いたチラシだった。
――この物件でこの値段は相場より大分安いわよね…珀さん?下の名前が書いてないけど…
今時にしては珍しく手書きで書かれたチラシ。
優美な書体から、女性だろうと思った夕鈴はその場で携帯を取り出し、チラシを見ながら電話をかけた。
『――はい』
不機嫌そうな男性の声に夕鈴は一瞬戸惑ったが、気を取り直し話しだした。
「あ、あの、私大学の掲示板の」
『あぁ、ルームメイト希望?じゃその紙を掲示板から外して、そこの地図を見ながら来てくれるかな』
「は、はいっ」
男性が出るとは思ってもみなかった夕鈴は通話を切った後で、もしかして募集は男性のみかしらと思ったが、行くだけ行ってみようとチラシを手に歩き出した。


「ここ…よね?」
閑静な住宅街の高台に建つ大きなマンション。
見た目もまだ新しく、チラシに書かれた金額は間違いではないかと思いながら、夕鈴はエントランスに入り書かれている部屋番号を入力した。
『はい――あ、着いたの?じゃあ部屋まで来てくれる?』
インターホンから聞こえた声は、先ほど電話で聞いたのと同じ声だ。
開いたドアを通り抜けエレベーターへ向かう。
階数を押しドキドキと高鳴る胸を押さえながら、夕鈴はもう一度チラシを見た。
やがてエレベーターが止まり、廊下へ出た夕鈴は部屋番号を口の中で繰り返しながら目当てのドアの前で立ち止まった。
チャイムを押すと少しの間の後、ガチャリとドアが開き若い男性が現れた。
「どうぞ、中へ入って」
「あ、お邪魔します」
男性の後に続いて中へ入った夕鈴は、リビングのソファーに座るように促された。
「――それで、シェア希望は君自身?何年生かな?」
「い、一年生です。私本人ですけど…女性はダメですか?」
男性は夕鈴を見つめ考えるように腕を組んだが
「いや…特に問題はないな」
と静かに言った。
「僕はこの春から院に進んでね、研究の都合で家に戻るのが週一ほどになりそうなんだ。そこで、留守になると無用心だから誰か居てくれた方が安心かと思ってね」
「つまり留守番ですね」
ルームメイトが男性という事に多少の抵抗はあったものの、ほとんど顔を合わせない事、そして何より安い事に魅力を感じていた夕鈴は、ぺこりと頭を下げた。
「ぜひ、よろしくお願いします」
「じゃあ、この紙に実家の住所と電話番号、それから名前を書いてもらえるかな?」
え?と目を丸くする夕鈴に、男性は口角を上げ静かに言った。
「部屋は二部屋あるからそれぞれの個室で良いとして、リビング等の共有部分にある物に何かあった時の為に、ね」
あぁ、持ち逃げとか?と思い付いた夕鈴は、初対面の相手だから無理もないわよね、とペンを走らせた。
夕鈴が書いている最中に、男性は思い付いたように条件を提示した。
「――この家に、恋人を連れ込むのは禁止ね」
「こっ…!!いないから大丈夫です」
ふうん、と呟いた男性は、夕鈴から紙を受け取るとざっと目を通した。
「汀…夕鈴?自己紹介が遅くなったけど、僕は珀黎翔。これからよろしくね」
にっこり笑った黎翔の笑顔に、夕鈴は自分の胸がドキンと跳ねるのを感じた。
かあっと頬が染まった夕鈴を見て、感情が直ぐに顔に出る素直な子だな、と黎翔は目を細めた。
「申し込んできたのが、君のような信用できそうな相手で良かったよ」
「え…」
「どんな人間が来るかと思って緊張してたんだ」
全く緊張した様子も感じさせずに、黎翔はそう言って微笑んだ。
「わ、私もシェアとか初めてで…珀さんのような紳士的で大人な方で良かったです」
頬を染めたままで、にこりと微笑んだ夕鈴をじっと見ていた黎翔は
「――黎翔、で良いよ。それに、君が思っているほど紳士でも大人でもないかもね」
と意味ありげにニヤリと笑った。
「え?それって」
どういう意味かと夕鈴が尋ねる前に、黎翔が口を開いた。
「いつ越してくるの?」
「あ、え…と、今度の週末でも良いですか?」
「――うん」
答えながら黎翔は夕鈴に向かって手を差し出した。
握手かと思ってその手を握った夕鈴は、手の甲に唇をつけられ思わず叫んでしまった。
そんな夕鈴の様子に黎翔は
「楽しい同居生活になりそうだね」
とクスクス笑った。



SNS初出2013年10月18日
プロフィール

*へもへも*

Author:*へもへも*
『狼陛下の花嫁』の二次創作小説がメインです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お客様数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。